So-net無料ブログ作成
検索選択

レッドソックスの松坂大輔投手右肘手術復帰後477日ぶり復活勝利 [野球]

スポンサーリンク




<レッドソックス5-1ロイヤルズ>
◇27日(日本時間28日)◇フェンウェイパーク

レッドソックス松坂大輔投手(31)が、復活の白星を挙げた。故障者リストから戦列に復帰し、7月2日以来の先発で、7回、101球を投げて5安打1失点(自責0)6奪三振2四球と好投。右ヒジ靱帯(じんたい)修復手術を経て、昨年5月8日以来、477日ぶりとなる勝利をつかんだ。今季初白星と同時に、メジャー通算50勝目となった。

94013046140af5fbf99e9c5a77e5f7a8.jpg

初回、四球で出した走者を盗塁、失策、犠飛などで先制されたが、2回以降は最速94マイル(約151キロ)の速球を主体に、要所を締めて「0」を並べた。

試合後は「マイナーの試合と同じような気持ちで臨もうと思ってましたが、やっぱりメジャーの試合は緊張すると思いました。(久しぶりの勝利に)もっと込み上げてくるものがあるかなとも思っていましたが、そうでもなかったですね」と、にこやかな表情で話した。

試合は、レ軍が快勝した。

松坂、妻のため「ボール確保」/一問一答

メジャーで昨年5月以来の勝利を飾ったレッドソックス松坂大輔投手は、言葉を選びながらも時折笑みを浮かべて喜びをかみしめた。

-右肘手術を受けてから初めての勝利

松坂 手術から復帰して、なかなか結果が出なかった。もっと込み上げてくるものがあると予想していたが、そうでもなかった。ただ(ウイニング)ボールは後で妻に文句を言われそうだったので、確保しました。

-50勝に到達した

松坂 時間がかかってしまったな、という感じ。もっと早く通過すべき数字だと思っていた。

-マイナーで好感触を得て登板を迎えた

松坂 手応えを感じることができた球を一球でも多く投げることができれば、それなりのものがついてくると思っていた。(一度メジャー復帰した6月と比べて)投げている感覚が違う。

-今後は

松坂 きょうは一からのスタートだという気持ちでマウンドに上がった。(今季の)残りは少ないが、この状態を最低でも維持していければいいなという希望はある。

 [2012年8月28日9時22分]

まだ松坂は32歳。これからこれから。

右肘手術等、故障が多くて、なかなかメジャーリーガーとして活躍できないね。

477日の間、まずはこの1勝を考えながら、リハビリと練習をしてきたんだろうし。

スピードも151キロでたと言うから、完全復活なのかもしれない。
かつて、高卒新人ながら、あのイチローを切りきり舞いさせた、あのピッチングが戻ってくれば、メジャーでもダルビッシュなどになど負けない、エースとしてのピッチングを見せて欲しいものだ。

◇松坂大輔の投球フォームと投球技術と投球術◇

matsuzaka.jpg

松坂大輔の投手技術論は(1)力と制球力のある速球と、(2)ジャイロボールに特徴を有している。

彼の直球は90~95マイルとMLBでは中の上の速球投手であるが、首尾一貫した制球力を持っている。 これはMLBでは希少価値を持った存在となる。 パワーとコントロールを兼ね備えたピッチャーである。

彼の投げるジャイロボールだが、アメリカでも殆ど偶然であるが、投げているピッチャーは存在する。 酒樽が転がるようなスピンの掛かったボールは波の砕け散るような動きをする。 これは左バッターから見ると、まるで左ピッチャーが投げるスライダーのように見える。




あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【『DVDの中で説明しているポイントを覚えて、その動きが出来ているか見てあげるだけ』でいいんです。】



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。