So-net無料ブログ作成
検索選択

秋山里奈が水泳の女子100メートル背泳ぎで念願の金メダル「やっと真の世界一になれた」 【パラリンピック】

スポンサーリンク




ロンドンパラリンピック大会5日目が2日、オリンピックスタジアムなどで行われ、
水泳の女子100メートル背泳ぎで秋山里奈(明大院)がパラリンピック新記録となる
1分19秒50で金メダルを獲得した。日本人選手の金メダルは、1日の柔道男子
100キロ超級の正木健人(徳島県立盲学校)に続き2つ目。

bfbc617d.jpg

得意のスタートが決まり、浮かび上がった時点で頭一つリードした秋山は、50メートルをトップでターン。
後半「ややバテてしまった」と語ったように、隣のレーンの選手の追い上げにあうも粘りの泳ぎで振り切り、
トップでゴールした。

「大好きな背泳ぎ」と自身が名言するほどの得意種目だが、
北京大会では廃止されてしまい、出場することができなかった。
今大会、再び競技が復活し、念願の金メダルを手にした秋山は
「やっと真の世界一になれた」と興奮した様子で喜びを語った。

b9470d715ff6ae374524307d0dbf97c0.jpg

細身なだけに筋力はないものの、スタートから前半の入りが得意ということで、先行逃げ切りというレーススタイルのようですね。

現在は明治大学大学院で刑法を専攻し、健常者の何倍もかけて勉強するというまさに文武両道の女性です。そしてこれからは就職活動に励み、「普通のOL」になるのが目標とか。

8年越しで金メダルを掴んだ秋山選手に元気をもらいました!


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。