So-net無料ブログ作成

天皇杯初戦でまさかのFC東京0-1でJFL・横河武蔵野FCに敗戦 [サッカー]

スポンサーリンク




天皇杯全日本選手権2回戦(9日、FC東京0-1横河武蔵野、味スタ)昨年優勝のFC東京が初戦の2回戦でJFL12位の横河武蔵野に敗れる大波乱が起こった。

0-0で迎えた後半ロスタイム、ゴールはるか手前の左サイドからMF岩田が、約30メートル先のゴールに向かって打ったFKが、GKの上を越え、ゴール左隅に突き刺さった。
昨年、史上初となる京都とのJ2対決を制したFC東京は、初戦でまさかの敗退となった。

決勝ゴールの岩田啓佑は「90分間闘いぬいて、みんなで取った点だった。
(FC東京に勝ち)このためにやってきたのでうれしいです」と喜びを爆発。

横河武蔵野の依田監督は「勝って大丈夫だったのかなと正直思いますけど。
理想の展開といえば展開ですけど、延長まで考えていたのでラッキーだったと思います」と信じられないといった表情を浮かべた。

横河武蔵野は3回戦で、J1札幌をPKで破った長野パルセイロと10月10日に対戦する。

yokosen04.jpg

前半から嫌な結末のニオイがプンプンの展開で、ボールを保持してはいても外で回しているだけ。
中に入って仕掛けたのは数回で、しかも精度が悪いという最悪の状況になってしまいました。

それでも、後半に梶山、ルーカスが入って縦のパスが通り始めて好機が生まれたものの、決めきれない、SB2人がもたついて厚みの有る攻撃が出来ない等で最後までゴールを奪う事が出来ません。

天皇杯の初戦だからとか、徹底的に引いた相手は崩しにくいとか特別な事じゃなくて、東京のウィークポイントがもろに出た試合だったのではないでしょうか。
この悔しさをバネにして、がむしゃらに前に進んでいかなくては進歩は無いです。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。