So-net無料ブログ作成
検索選択

内柴被告が無罪主張「合意の上で行為」 [柔道]

指導していた大学の女子柔道部員に遠征先で乱暴したとして、準強姦(ごうかん)罪に問われたアテネ、北京両五輪の柔道金メダリスト内柴正人被告(34)は12日、東京地裁(鬼沢友直裁判長)の初公判で

「合意の上で行為に及んだ」

と無罪を主張した。

oae0808102131009-p1.jpg

検察側は冒頭陳述で、内柴被告がコーチを務めていた九州看護福祉大(熊本県玉名市)女子柔道部の合宿に同行した際、女子部員ら数人と飲酒し、酔って気分が悪くなった被害者をホテルに連れ帰り、寝ている間に乱暴した、と主張。

起きた被害者が

「何してるんですか」

と大声で叫ぶと、テレビの音量を上げたり、口をふさいだりし、その後も被害者に事件を他言しないよう求めた、と指摘した。

弁護側も冒頭陳述し

「寝かせようとしたらしがみついて離れなかった」

と反論。

「途中で別の部員が被告を捜しに部屋に来たが、部員が出て対応し、その後も行為を続けた」

と述べ、準強姦罪は成立しないとした。

 起訴状によると、被告は昨年9月20日未明、東京都八王子市のホテルの部屋で、酒に酔って熟睡し、抵抗できない部員を乱暴したとしている。

今後、12月27日の結審まで7回の公判期日が指定されており、判決は年明けの予定。

被告は2004年アテネと08年北京の66キロ級で連覇。
10年4月から九州看護福祉大でコーチとなり、現役引退後は客員教授に就任したが、昨年11月に懲戒解雇された。

翌月には全日本柔道連盟が指導者登録を停止し、柔道家としての活動ができなくなった。

泥酔した教え子の女子柔道部員を乱暴したとして、準強姦罪に問われた内柴正人被告(34)が12日の東京地裁初公判後、弁護団を通じてコメントを発表した。コメント全文は次の通り。

 「僕は、意見陳述で述べたとおり、被害者とされる女性に準強姦をしたことは、絶対にありません。勝っても非難する人はいる。全てを失っても信じて待っていてくれる人はいる。その人たちのために、僕たちの名誉のために、この裁判を最後まで闘い抜きたいと思います」

もともと内柴正人被告は大学での評価も最悪。
学長含めた大学関係者まで処分される異常事態。
本人も、泥酔させたこと・セックスしたのは認めてるw

いくら「女が悪い」に持っていこうとしても無理だって……
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。